互換性インクの利点

電話で話すサラリーマン

インクジェットプリンタなどでは、そのプリンタのメーカーが販売している正規のインクよりも互換インクを購入して使用する人がいます。 確かにこの互換インクは、品質的にはそれほど変わりがないのに正規品とそれほど変わりなく使用が可能であるという点が魅力の一つです。 ただし、正規品を取り扱うところからすれば、互換インクばかりを使用されては売り上げが落ちてしまいます。また、互換インクの使用による故障については、メーカーによる保証が受けられなくなるというデメリットもありますので、その点にも注意することが求められます。 こうした互換インクは家電量販店でも取り扱いがなされており、手に入れることは困難ではありませんが、機種の確認はしっかりと行うことが重要です。

互換インクとは、正規のメーカー以外の会社が販売しているプリンターのインクです。メリットといえば、安い事です。正規のメーカーの30%くらいの価格で買えるので、破格の値段といえます。 しかし、互換インクには、それだけ欠点もあるので、よく理解してから購入することが大切です。 まず、互換インクの性能は、正規メーカーよりも落ちてしまうという事です。文字ではあまり差がありませんが、写真にすると彩度などが落ち、不満に思う人もいます。家のプリンターでこだわりの写真を印刷したい人には、不向きといえますが、年賀状程度でしたら問題なく使用できます。 また互換インクは、インクの減りが早いという点があります。クリーニングなどをするとより減る量が進みますが、安い価格で買えるので元は取れるという意見もあります。