ビジネスフォンのリース

アイデアのイメージ

企業活動をしていく上では電話連絡を行うために、ビジネスフォンの設置は必須と言えます。しかし高価格の機器であるため、社員の人数分を用意するだけでも大変です。それにサーバールームなどの施設への設置も検討すると、かなりの導入コストになります。資本が十分とは言えない企業だと、導入に必要なお金を集めるだけでも一苦労です。 しかし導入コストだけを考えるなら、安くする方法があります。それはリース契約を活用するのです。複合機などの高価格の機器と同じように、ビジネスフォンにおいてもリース契約は存在します。毎月の支払いは必要になりますが、導入コストは現実的な価格です。一括での支払いに難があるなら、リース契約を選択した方が賢明です。

ビジネスフォンの導入費用はリース契約を結ぶ事で軽減できますが、さらに負担を小さくする方法があります。それはビジネスフォンの持つ機能に注視するのです。近年のビジネスフォン市場では、豊富な機能を持っている機種が人気になっています。しかし利用者がそれらの機能を全て活用するとは限りません。むしろほとんどのユーザーが、高機能のビジネスフォンを使いこなしていないのが現状です。 最低限の機能を備えたビジネスフォンだけを選択肢に入れるだけで、導入コストが安くなる事は間違いありません。最低限の機能とは自社の状況を省みて、自分で探していくしかありません。例えば携帯電話と連動させるサービスが増えていますが、その類の機能が必要なければ安心して候補から外せます。